Q&A

よくある質問と回答

ニッポウは、大分エリアを中心に不動産売却や空き家管理など、不動産に関する幅広いご相談を承っています。こちらでは、当社によくお寄せいただく質問とその回答を掲載しています。このほかに気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。親身に分かりやすく説明させていただきます。

売却する不動産に関するご質問

Q.どんな種類の不動産でも相談できますか?
A.大分エリア圏内にある不動産で、土地・戸建て・マンションなど個人向け不動産、ビルや倉庫・工場など事業用不動産であれば、個人用・法人用を問わずご相談いただけます。売却の方法については、仲介や買取などご要望にあわせてご提案します。
Q.雨漏りしていても大丈夫ですか?
A.そのままでも売却可能です。雨漏りやシロアリ被害など、ご存知の不具合がございましたら事前にお伝えください。その点も踏まえて査定させていただきます。買い主様にもあとでトラブルにならないようしっかりご説明しますので、ご安心ください。
Q.リフォームした方が売りやすいですか?
A.通常の場合ですと、リフォームは基本的に必要ありません。リフォーム費用が販売価格に加算されてしまう点と、買い主様の中には「リフォームするなら自分の好みでしたい」と考える方が多い点がおもな理由です。しかし、建物の状況によっては、一部でもリフォームすることで印象が良くなり、早期の売却につながる場合もあります。不動産の種類や地域性によって変わってきますので、具体的には担当者にお尋ねください。
Q.戸建てを賃貸にするのは難しいと聞きますが、なぜですか?
A.入居の際には必ずリフォームが必要になりますが、戸建てで築件数が古いとキッチンやトイレ、浴室などの設備の入れ替えが必要になり、かなりの出費になります。そのうえ、マンションと違って戸建ては個別性が強いため、賃貸の需要が地域で大きくバラつきます。せっかく高い費用をかけても問い合わせがないという事態もありえるため、事前に慎重な検討が必要です。
Q.敷地の面積などが明確でない場合はどうすれば良いですか?
A.敷地の面積が不明な場合、当社で測量士を手配し、敷地面積を明確にします。また、隣地との境界が明確でない場合、境界票が地中に埋まっていないかどうか確認します。境界がないようであれば、土地家屋調査士に依頼し、境界票を設置するのが原則です。
Q.広い土地や高額な不動産を販売するときの注意点はありますか?
A.広い土地や高額な不動産は、購入検討される方の絶対数が少ないため、販売が長期化する傾向があります。広い土地の場合、土地をいくつかに分割して販売することがあります(これを「分筆」と言います)。分筆作業は高度な知識が必要になるため、一般の方が行うのは困難です。

資金・費用等に関するご質問

Q.不動産の売却では税金や諸経費がどれくらいかかりますか?
A.印紙代や譲渡税などが必要になります。不動産業者を通して仲介売却を行う場合には仲介手数料も必要です。このような費用は不動産の価格や使用年数などによって異なります。詳しくは諸費用のページをご確認いただき、不明点はお問い合わせください。
Q.なるべく早く不動産を資金化したいのですが

A.仲介売却の場合、買い手を探す必要があるため3カ月から6カ月は平均でかかります。転勤などの事情で早めに資金化したい場合には、当社による買取をご利用ください。

>>仲介売却について

Q.ローンがまだ残っているのですが、売却は可能ですか?
A.はい、可能です。抵当権が付いている不動産は、引渡しの際にローンを完済して、抵当権を抹消します。抵当権が抹消できるかどうかはローンの残債額やその不動産の売却できる価格、お手持ちの資金によります。それでもローンが残ってしまう場合、抵当権を抹消するためのローンを利用するという方法もございます。
Q.自宅を売却した資金で、買い換え先を購入したいのですが、どのような流れになりますか?

A.ご自宅の売却金を受け取るには、基本的に引越しが完了している必要があります。そのため、売却金をそのまま買い替え先に使うことは困難です。このようなケースでは、一時的に必要資金を用意する「買い換えつなぎ融資」の利用をご案内しています。

あるいは、買主様の了解が得られれば、お引渡し後・残金受領後にも数日間、今の家に住まわせてもらい、残代金を購入先に支払ってから引越しを行うことができる場合もあります。このようなスケジュール調整を行うには、自宅の売却と新居の購入を同じ不動産会社に依頼するとスムーズです。

Q.売却した年の固定資産税はどうなるのですか?
A.固定資産税は、その年の1月1日現在の所有者に課税されます。そのため、売却後も納税通知書が届く場合があります。一般的には、引渡し日を基準日として、日割りで計算された金額を買主様からいただくことになります。
Q.売却した場合、確定申告が必要ですか?
A.売却した年の翌年に、確定申告が必要です。いつも年末調整で納税しているサラリーマンの方も、不動産の売却時には確定申告を行う必要があります。適応される各種特例や控除については、お客様の状況によりますので、担当者までお尋ねください。

調査・査定について

Q.出張調査の際に準備しておくものはありますか?

A.下記のものをご用意いただくとスムーズです。調査の段階で絶対に必要というわけではありませんが、売買契約時や決済時には必ずご用意いただくものです。

<マンション・土地・戸建てともに必要な書類>

  • 登記済権利証 または登記識別情報
  • 固定資産税の納税通知書 または評価証明書

<住宅ローンを利用中の場合に必要な書類>

  • ローン残高証明書 またはローン返済予定表

<土地・戸建ての場合に必要な書類>
土地測量図面

<戸建ての場合に必要な書類>
建築確認済証および検査済証

<土地・戸建ての場合に必要な書類>

  • マンション管理規約 または使用細則など

パンフレットおよび広告資料 購入時の販売資料があれば、そちらもご用意ください。

Q.調査のときにこちらからお話すべきことはありますか?
A.その不動産のセールスポイントをお話いただくと、査定の参考になります。たとえば学校やスーパー、病院などの施設や、電車・バスなどの交通のことなど、普段利用していなくても答えられるようにしておくとよいでしょう。
Q.査定では具体的に何をするのですか?
A.お客様から直接お話をうかがうことはもちろん、不動産の状態のチェック、周辺環境の調査、建築法規や権利関係の調査、周辺の売出し事例、成約事例などを幅広く精査いたします。
Q.査定を依頼したら、売らないといけないのでしょうか。
A.いいえ、その必要はございません。売却を依頼するかしないかについては、お客様ご自身での判断になります。査定結果を参考にしていただくだけでも問題ありません。
Q.査定価格の通りに売らないといけないのでしょうか。
A.必ずしも査定価格のままである必要はありません。お客様のご要望に合わせ、変更することが可能です。ただし、査定価格は周辺の相場やノウハウなどをもとに、適正と思われる価格を客観的に算出したものですので、大きく上回る金額ではなかなか売れない可能性もございます。数年間売れ残るとそれだけ築年数が増し、結局は当初の査定額を下回ってしまうかもしれません。担当者とよく相談し、検討されることをおすすめいたします。
受付時間 9:00~18:00 定休日 : 水曜日
097-535-7287
メールでのお問合わせ