不動産売却時にかかる諸費用

  • ホーム > 
  • 不動産売却時にかかる諸費用

不動産売却で発生する費用や税金について

不動産売却は大きな取り引きとなるため、登記費用や譲渡税、仲介手数料など、下記のようなさまざまな費用・税金が発生します。あらかじめどのようなお金がかかるのか把握し、売却後にどれだけのお金が残るのか概算しておくと安心です。

① 登記費用 ローンが残っている際などの抵当権抹消登記費用
② 仲介手数料 売却を頼んだ不動産会社に支払う報酬(売却金の3~5%ほど)
③ 印紙代 売買契約書に貼付する印紙(多くの場合2,000~4万5,000円)
④ 書類取得費用 証明書などを役所で取得するときの発行手数料
⑤ 測量費用・解体費用など 契約の条件によって異なります
⑥ 譲渡税 売却してから後日発生(下記参照)

譲渡税について

譲渡税は、譲渡によって得られた利益に応じて生じる税金です。売却金額そのものにかかるのではなく、諸費用を除いた金額(課税譲渡所得)にかかります。

課税譲渡所得=譲渡額-取得費-譲渡費用-特別控除

※取得費の計算にあたって、実際の購入代金などが不明であったり、あるいは極めて少額であったりするときは、譲渡額の5%として計算することも可能です。

この課税譲渡所得に一定の税率をかけて計算しますが、税率は不動産を所有していた期間によって変わります。

区分 判別方法 税率
長期譲渡所得 譲渡した年の1月1日において所有期間が5年を超えるもの 課税譲渡所得×20%(所得税15%・住民税5%)
短期譲渡所得 譲渡した年の1月1日において所有期間が5年以下のもの 課税譲渡所得×39%(所得税30%・住民税9%)

一定の要件を満たした居住用不動産に関しては、最高3,000万円までの特別控除や低率分離課税などの軽減税率の適用があります。詳しくは国税庁ホームページにてご確認いただくか、大分を中心に不動産売却をサポートしているニッポウまでご相談ください。

受付時間 9:00~18:00 定休日 : 水曜日
097-535-7287
メールでのお問合わせ