査定評価のポイント

不動産査定の流れとポイント

不動産売却では、物件の売却価格を決めるためにまず査定を行います。さまざまな価値基準をもとに総合的に判断して、相場に対し適正な価格を付ける工程です。

取り引き事例や相場情報などは個人では入手しにくく、またさまざまな専門用語もあるため、お客様ご自身での査定には限界があります。そのため、基本的に不動産会社などに査定依頼をするのが一般的です。大分で不動産売却をサポートしているニッポウでは、無料の出張査定を承っています。

不動産査定の流れ

STEP1査定の準備をする

査定へ依頼する前に、以下の情報を整理しておくと取り引きがスムーズになります。

  • 物件の住所(住居表示がない場合は地番)
  • 物件の名義人
  • 物件の種類(更地・一戸建て・駐車場・マンションなど)
  • 物件の現在の状況(居住中、賃貸中、空き家など)
  • 物件の敷地面積

また、気になることがあればメモしておき、査定時などにご相談ください。

STEP2査定の依頼・実施

査定をご依頼いただきましたら、無料の出張査定を行います。物件の状況や、周辺の取引状況など、さまざまな情報を分析して物件の査定額を算出します。

STEP3査定報告

導き出した査定額が報告されます。査定報告書にて詳細な情報を掲載しますので、不明点がありましたらなんなりとお尋ねください。

査定評価で注目されるポイント

周辺環境

周辺環境

商業施設や交通機関、教育機関、病院などが近所に充実していることは、査定額アップの大きなポイントです。物件を購入した後に施設が充実してきた場合、購入額よりも査定額が上回るケースもあります。

日照

日照

日当たりは物件購入者の多くが気にするポイントです。南向きひな壇などのように、日当たりのいい物件は高い評価を得ます。

形状

形状

建築における自由度や日照の観点から、物件の形状は正方形、長方形などの四角形が広く好まれます。

方位

方位

一般的に、接する道路の向きで価格差が出ます。日当たりの良い南側道路ほど高く、東側と西側の価格差はあまりありません。北側道路は5~10%ほど割安になる傾向です。また、角地は開放感や日照において優れるため人気が高く、評価は高めになります。

不動産の状態

不動産の状態

外観の美しさ、中の清掃のされ具合など、見た目は重要なポイントです。どれだけ立地がよく、磨けば光る物件でも第一印象が悪ければ売却率は下がってしまいます。水回りやインテリアなどを中心に、査定前の清掃を心がけましょう。また、ペットのニオイや生活臭などにも注意が必要です。

受付時間 9:00~18:00 定休日 : 水曜日
097-535-7287
メールでのお問合わせ