仲介売却

不動産会社を使った「仲介売却」について

不動産を売りたいと考えている場合、必ず「買い手」を探す必要があります。買い手はご自身で探すこともできますが、「自分で買い手が見つけられない」「より良い条件で売りたい」と考えている場合には、不動産会社を使った「仲介売却」が有効な選択肢となります。大分近辺で不動産売却をお考えなら、ニッポウまでお気軽にご相談ください。こちらでは、仲介売却の概要やメリットについてご説明します。

このようなお悩みはありませんか?

  • 子供が増えたから広い家に買い替えたい
  • 遠方に転勤になり持ち家に住み続けられない
  • 使わない建物の管理が大変で困っている
  • 賃貸か売却か悩んでいる
  • 離婚して財産分与が必要になる
  • 不動産を相続したが使わないので持て余している
  • 所有者が行方不明な物件を売却したい

このようなお悩みはありませんか?

仲介売却では、上記のようなさまざまなお悩みを解決可能です。ニッポウでは売却だけでなく賃貸などの運用、ローン整理など不動産にまつわるあらゆるご相談に対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

仲介売却とは?

仲介売却は、不動産取引でもっともポピュラーな手法です。不動産業者に買主を募集してもらい、購入希望者と条件面などをすり合わせながら売却していくという流れが基本になります。依頼から物件引渡しまでは、3カ月から6カ月くらいかかるのが一般的です。

≫売却までの流れについて

仲介売却とは?

不動産業者を使った不動産売却では、「買取」という手法もあります。「買取」は、不動産業者や買取専門の業者に物件を直接買い取ってもらう方法です。買い手探しに時間がかからない反面、買取値は仲介での売却価格の6割から7割程度になります。離婚や転勤などで急ぎの売却を希望する場合には選択肢に入るでしょう。時間をかけて良い条件で販売したい場合には、仲介売却がおすすめです。

仲介売却と買取のメリット・デメリット
  メリット デメリット
仲介売却
  • 高値での売却が期待できる
  • 自分の希望額で売却しやすい
  • 購入希望者が現れなければ売却できない
買取
  • 確実に売れる
  • 時間がかからない
  • 買い取り価格が安くなる

Pick Up! -不動産情報ネットワーク「REINS(レインズ)」とは?-

「REINS(レインズ)」は、全国の物件情報や取引情報が登録されているデータベースです。不動産会社はインターネットを介してREINSの物件情報を検索し、顧客に紹介することができます。REINSに登録することで多くの購入検討社の目にとまり、買い手が決まる可能性が高まります。仲介売却では、契約形態によってはREINSへの登録が義務づけられており、買い手を探すうえでメリットを得られます。

≫3種類の契約形態について

受付時間 9:00~18:00 定休日 : 水曜日
097-535-7287
メールでのお問合わせ